社会をシステムとして捉える方法



0.システムとは何か

1.工学的なシステム論

2. コモンズの理論

社会システム論の前提

3. 社会的余剰(生産者余剰と消費者余剰)

3.1  限界便益、限界費用、環境評価

3.2 市場の失敗と環境税、排出権取引

3.3  コースの定理(Coase Theorem)


4. 効用関数と需要関数

4.0 コブ・ダグラス型 CES型効用関数

4.1  パレート効率性と導かれる性質


4.2.0 無差別曲線の応用

4.2 費用・便益と環境価値評価

4.3 需要供給バランスと一般均衡理論


5.0 社会システムの統計的捉え方と評価

5.1 産業連関分析の数理システム

5.2 社会会計表とその応用

5.3 産業活動の総合システム表現

社会システム論のまとめ



6.社会秩序のシステム分析

7.目的実現と評価


9.コミュニケーションをいかにしてシステムとして捉えるか


10.持続可能な社会システムの理論
*********************************

その他参考となる資料

統計データを活用した地域産業活動のシステム分析

企業活動の総合システム表現

社会システムと言語

生命システム

厚生経済学のシステム表現  市場経済の問題点